お知らせ& Blog

<2022年1月号>最新レポート「米国における現地情報」(1月13日現在)

新型コロナウィルス, 米国

オミクロン株の高い感染率。過去40年で最も高いインフレ率を記録。インフレ対策が2022年の中心政策課題。
<2021年12月号>最新レポート「米国における現地情報」(12月15日現在)

新型コロナウィルス, 米国

オミクロン株が台頭。過去30年以上で最も高いインフレ率を記録。2022年経済界は連邦準備理事会の政策変更に注目。
<2021年11月号>最新レポート「米国における現地情報」(11月17日現在)

新型コロナウィルス, 米国

米国食品医薬局 (FDA) が5歳から11歳のワクチン接種を承認。30年ぶりの高水準となったインフレ率が大きな懸念。
<2021年10月号>最新レポート「米国における現地情報」(10月13日現在)

新型コロナウィルス, 米国

バイデン政権の支持率低下とインフレーションの動向。および議会のテクノロジー産業抑制強化の動き。
<2021年9月号>最新レポート「米国における現地情報」(9月14日現在)

新型コロナウィルス, 米国

デルタ株抑制のためのバイデン政権の選択。コロナパンデミック後の成長産業について。
<2021年7月号>最新レポート「米国における現地情報」(7月13日現在)

新型コロナウィルス, 米国

大統領目標「7月4日までに米国成人の70%がコロナワクチンを1回以上接種」未到達。デルタ株の台頭と伸び悩むワクチン接種率。
<2021年6月号>最新レポート「米国における現地情報」(6月9日現在)

新型コロナウィルス, 米国

大統領目標ー7月4日「米国成人の70%がコロナワクチンを1回以上接種」の推移と一進一退の労働市場
<2021年5月号>最新レポート「米国における現地情報」(5月11日現在)

新型コロナウィルス, 米国

バイデン大統領就任100日の支持率は59% 。コロナワクチン接種の取り組みと約1兆9千億ドルの経済救済策が功を奏す。
都内は桜の花が見ごろです@日本事務所

未分類

都内はもう、すっかりと暖かくなって桜の花が満開。今年は暖かいのでそろそろ見納め。