会社概要

EZGlobal123には2つの信条があります。1つ目の信条は「成功の要は販路開拓」、2つ目の信条は「人があってこそのマーケティング」です。

ミッションは、米国に進出する日本企業に対して、新事業や新製品の販路開拓を可能にするためのビジネスモデルを確立し、販路開拓を中心に据えたマーケティング戦略を立案・実行、そしてその成功へ貢献することです。

EZGlobal123の特長は米国販路開拓の成功に必須の
マーケティング戦略とグローバル化への人材育成のサポートにあります

米国での販路開拓が強み

EZGlobal123は2011年よりコンサルティングを米国を拠点として開始し、米国がホームグラウンドです。これまで、米国の小売り市場におけ

るブランドの確立のお手伝いを米国の投資会社、消費財企業、小売り企業に対して、また、海外の投資会社、消費財企業に対しては米国の消費財ブランドの評価などを提供してまいりました。加えて、EZGlobal123の設立者が日本人であり、日本と米国の双方での消費財および小売り企業での25年に及ぶ経験から、日本企業が米国に進出し、販路開拓を成功させる際の問題点、また、米国の小売り市場とそのダイナミズム、チャネル戦略、消費者動向を深く理解しています。

「人があってこそのマーケティング」が信条

「人」には「=人材」と「=顧客」(又は消費者)の両面があります。事業を推進する人材ばかりか、商品やサービスの受け取り手である顧客

(又は消費者)をも含めて、「人」という要素が海外進出事業の成功に重要だという認識に立っています。「人=人材」について、グローバル化が進み、競争が激化する中で、避けて通ることができない道です。EZGlobal123には米国大手企業出身の人材育成のプロフェッショナルであるスタッフたちが揃っています。人材育成には時間と資金の投資が必要です。その投資効果を測定し、効率的に回収していくか、どの企業にとっても大きな課題です。

長期的な視野に立ったグローバル人材の育成計画の重要さを、日本の企業様に米国企業との人事制度の違いなどを含めて、ご説明とご提案をしております。現状のご説明とともに。状況にあわせて段階的に効果測定の基準を設け、新しい施策に取り組みやすくするよう工夫を凝らした内容です。

「人=顧客」という側面では、海外で成功していくためには顧客中心主義=カスタマーセントリックな企業カルチャーの構築が必須です。口先の「お客様は神様です」は通じません。特に米国は「Customer is King」が実践されている市場です。その点を日本企業は理解しなくてはなりません。

ビジネスがB2Bにせよ、B2Cにせよ最終的にサービスもしくは商品を使用・消費する最終顧客の動向を基礎に、どのように顧客の満足度をあげるかに焦点を絞ります。それが、米国のカスタマーセントリック(顧客中心主義)です。それを実行するために、数多くの米国企業が顧客中心主義に対応した組織変更を行っています。

弊社ではサービスや商品の顧客の満足度を向上させるために、その要因分析や顧客調査等の企画・実践をお手伝いいたします。更に、それをどのように企業の戦略計画に取り込んで、短中長期間のビジネス計画を立てていくかのプランニングの仕方を含めて、支援しています。

日本企業に特化したサービス

現在、国内市場が縮小して海外の中間層・富裕層が増加する中で、海外需要の獲得は重要であり海外展開をおこなう企業が増えています。

ここ数年、日本の企業様よりグローバル化の困難さについての相談を受ける機会が増えました。その多くが、マーケティングと人材育成に関することです。私たちの強みは、日本と米国双方での小売り企業と消費財企業での豊富な実務経験、人材ネットワークに支えられた、マーケティング戦略の立案と実行にあります。各企業の状況に合わせて、実行可能なプランを提案します。そして、短中長期間の各段階で目標を立て、着実に成果があがることを目指します。

マーケティング機能の代行サービス

この度、EZGlobal123では、米国でのマーケティング専門の人材を持たない日本企業に対して、その機能の代行をお引き受けするサービスを開

始いたしました。日本の本社にはマーケティング専門の機能があっても、海外では営業の人間がマーケティングの機能を含めて行っている場合がとても多いです。B2Bのビジネスであれば、それでも何とかなるケースがあります。ですが、特に「Customer  is King」の米国では、顧客の満足度に焦点を当てるという観点からも、マーケティングの役割が必要です。

マーケティングの機能の代行について、もっと詳しく知りたい方は、弊社ウェブサイトのお問い合わせフォームを通じて、ご連絡ください。

EZGlobal123事業案内

私たちの提供するサービスと会社案内を簡単にまとめたブロッシャです。PDFでご覧になれます。

代表プロフィール

EZGlobal123代表 村井清美

人があってこそのマーケティング

EZGlobal123は、米国に進出する日本企業に対して、成功するための新事業や新製品のビジネスモデルの提案をします。そして、マーケティング戦略と実行計画をお手伝いします。

「人があってこそのマーケティング」がEZGlobal123の信条です。「人=顧客」を理解することを中心に据えたマーケティング戦略を立てるとともに、それを支える「人=人材」を育成することが重要だという意味です。そこには、マーケティングに関わる人材だけでなく、全ての人材が含まれます。

人材に関しては、米国進出だけでなく、グローバル化の中でのリーダーの育成を視野に入れた、サポートを行なっています。

専門分野

  • グローバルブランドの確立と管理
  • グローバル化の社内プロセスの構築
  • オムニチャネル確立
  • P&L管理
  • 顧客動向・調査を中心にすえたマーケティング戦略の立案と実行
  • リーダーシップトレーニング
  • マーチャンダイジング業務
  • 新製品開発
  • 新規市場開拓
  • カスタマーインサイト
  • カスタマーセグメンテーション
  • ショッパーマーケティング

職歴

  • EZGlobal123代表
  • ウォルマート米国本社商品業務化粧品部門リード
  • ウォルマート本社国際部シニアマーケティングディレクター、マーケティングサービスディレクター、マーケティングディレクター歴任
  • レブロン米国本社新製品開発、アジアパシフィック シニアマーケティングマネージャー
  • ダイアル米国本社パーソナルケア ブランドマネージャー
  • ネッスル日本食品飲料マーケティング部、宣伝部、およびネッスルアメリカチョコレートカテゴリー マーケティング部所属

学歴

  • ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院卒 (MBA)
  • 上智大学法学部法律学科卒

アワード

  • ウォールマート社、アクセラレイト・インターナショナル・プログラム授与
  • ウォールマート社、ターゲット・マネージメント・アクセラレイト・プログラム授与
  • ダイアル社、社長賞

その他

  • ノースウェスタン大学、ケロッグ経営大学院、アルムナイレクチャーラー
  • 株式会社インテージ、年次顧客サービス会、ゲストスピーカー

会社概要

会社名

YKA Ltd. Co

※EZGlobal123 はYKA Ltd. Co の米国テキサス州登録ビジネス商号です。

代表取締役社長

村井清美

事業内容

  • コンサルティングサービス事業
  • 米国および海外での販路開拓のためのマーケティングコンサルティング
  • ブランド構築のアドバイザリーサービス
  • グローバル化への人材育成
  • EZGlobal123.com ウェブサイト運営

所在地

6017 Augusta Circle, College Station, Texas 77845  USA

連絡先

050 IP 電話 : 050-6871-9443
メール:メールフォームをご利用ください

営業時間

9:00-18:00
日曜・祝日 ※年末年始等休業あり

It's Saturday 5:55 AMTelephone line CLOSED