私たちEZGlobal123は海外販路開拓の戦略立案と実行を強みとする、マーケティングコンサルティング会社です。日本企業の米国進出の成功に必須である、販路開拓のマーケティング戦略とブランドの構築。そして、それを支えるグローバル人材育成を支援・提供しています。

米国の小売り業へどのように商品を売り込めば効果的かなど、消費者に商品を訴求するためのブランディング、パッケージ、価格政策、販売促進、コミュニケーション戦略等を統合したマーケティング戦略プランをご提案。そして、米国の大手小売業での現場経験豊富なスタッフが、販路開拓の戦略の立案と実行に加わり、販路開拓を成功へと導きます。

 

2017年版の中小企業白書によれば、新市場開拓戦略における課題として、第1番目に「必要な技術・ノウハウを持つ人材が不足している」第2番目に「販路開拓が難しい」が挙げられています。この場合の新市場には日本国内及び海外を含んでいると解釈されます。これは「販路開拓」が自国にあってもむつかしい課題であり、ましてや、それを異なる商習慣、文化背景、消費者、法規制、物流システムの海外で実現しようとするのですから、「海外販路開拓」の困難さは想像に難くありません。当然、実状に詳しい専門家が必要とされます。

 

更に、海外販路戦略(もしくは、チャネル戦略)は企業の進出形態が、直接投資型なのか、輸出型なのか、又は越境EC型なのか等によっても異なってきます。進出先の販路のチョイス、販路の発達レベル、物流システム、販路を得たい商品やサービスのブランドのポジショニングやカテゴリー、競合状況、市場の動向、消費者の動向、法規制等によっても大きく影響されます。

米国の小売りへの販路開拓のためには、顧客理解を基礎にした、マーケティング戦略の立案が不可欠です。アメリカ発のマーケティングコンサルティング会社として、これまで米国及びアジアの消費財企業、投資会社、コンサルティング会社等にサービスを提供してまいりました。

消費者への商品又はサービス訴求を効果的に行うためには、商品又はサービスのブランディングが重要です。ブランドという言葉には馴染みがあるでしょうが、ブランドを構築するとなるとどのようにしたらいいのか、その方法がわからないという企業も多いのではないでしょうか。

米国および海外での販路開拓やグローバル化を支える人材育成のご提案と導入の支援をおこないます。各企業の状況にあわせ、かつ、日本という文化的背景を考慮した上で、人材育成の新しい取り組みをスムーズに実行していくノウハウがあります。

日本のメーカーの商品が求められています。

このたび、アメリカの全国レベルの小売りチェーンの眼鏡および眼鏡関連カテゴリーにて、すでに20年以上に渡って取引実績のあるセールス担当とタイアップすることになりました。

EZGlobal123では、只今、眼鏡および眼鏡関連カテゴリーの商品をお持ちの企業を募集しています。ご興味をお持ちの企業のご担当者の方、お気軽に下記の詳しくはこちらのボタンをクリックして、ご応募ください。

眼鏡および眼鏡関連商品

海外の小売企業や消費者は、いつもユニークな商品を求めています。小売りのバイヤーはユニークな商品を扱うことで、競合他社との差別化をはかり、自分の担当するカテゴリーをより強固にする努力をしています。御社が考えている以上に、海外では日本の商品が必要とされています。

ですので、上記の商品カテゴリーに限らず、海外で販売してみたい商品、自信のある商品に関して、是非お問い合わせください。

弊社では、大きな投資をする前に商品やサービスに関して、進出先のマーケットでのフィージビリティ・スタディをお引き受けします。各市場に通じた経験のあるスタッフがおこないます。対象国は、現在のところ米国、カナダ、中国に限らせていただいております。(対象国は徐々に増やす計画です。)

どうぞ、弊社ホームページのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

コンタクト

EZGlobal123 のサービス分野にご興味のある方、ご質問のある方は、お気軽にお問い合わせください

日本と米国にて、25年以上に渡って小売り及び消費財企業での実務経験を有する。ネッスル日本(現日本ネスレ)、ネッスルUSA、ダイアル、レブロンなどの日本と米国大手消費財企業のマーケティング部にて、ブランドマネジャーを歴任。

その後、世界最大の小売りウォルマート米国本社でマーケティングディレクターとして、同社のグローバル化に貢献。その間、米国を除いたウォールマート社のインターナショナル部門の売り上げは500億ドルから980億ドルに伸張。シニアディレクターに昇進後、米国側のマーチャンダイジングにて、化粧品部門のP&Lの責任者となる。

ウォルマート退職後、主に米国企業向けにマーケティング戦略コンサルティングを開始。近年、YKA Ltd. Coとして法人化し、日本企業を対象にしたEZGlobal123を設立し、現在に至る。上智大学法学部卒。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院よりMBAを取得。