よくある質問

明確な理由と目的をもたずに、海外事業展開をすることはお勧めしません。まだ海外進出をするべきかどうか迷っているのであれば、まず海外に進出する必要があるかどうかを判断するために、会社の業績の現状分析をすることをお勧めします。

その結果、国内での売り上げが減少している、または、伸び悩んでいたりした場合、どのようなことが原因なのか知った上で、海外のマーケットに進出することが、プラスであるかどうかの判断をされてはいかがでしょうか?

もしご質問等がありましたら、お問い合わせフォームに必要事項をご記入の上、お気軽にご連絡ください。EZGlobal123では、初回の電話でのご相談(1時間)は無料で受け付けております。その上で、どのようなオプションが考えられるかなど、次のステップを決めることもできます。

当社にてグローバル化についての説明とそのための4つの指針を示した、WebsiteのタブのPath of Globalizationをご参照ください。 それでも、疑問もしくは、質問などがある場合は、お気軽にお問い合わせフォームに質問事項をご記入の上、ご提出ください。
まず、御社の商品のカテゴリーはどのようなものでしょうか?また、現在はどのようなチャネルで販売しているのでしょうか?もう少し詳しい説明を伺わないと、的確なアドバイスはしかねます。 お手数ですが、お問い合わせフォームに質問事項をご記入の上、ご連絡いただけますでしょうか。

大変申し訳ありませんが、的確なアドバイスをさせていただくために、ご質問内容をもう少し掘り下げて頂く必要があります。

お手数ですが、お問い合わせフォームに必要事項をご記入の上、ご提出ください。

アメリカ小売り業は全般、外国のメーカーと取り引きするのを厭いません。勿論、そこに販路を確保することは簡単ではありません。

アメリカの各大手メーカー企業でも、定番商品として生き残るために、毎年、新製品導入に加え、プロモーション、宣伝、価格政策など、様々なマーケティングミックスを駆使して、そのカテゴリー内での生き残りの努力をしています。

ですが、チャンスは皆無ではありません。小売業のバイヤーは自分のカテゴリーの観点から様々な判断をします。貴社の製品がユニーク性に富み、バイヤーが自分のカテゴリーにプラスになると判断した場合、取り引きに繋がる可能性もあります。

また、企業として、一定品質の製品を、納期にあわせて納入するなどの強い製造能力と物流の確保も大切な要件です。更に、納入条件に見合った、資金力も必要になります。それらを貴社が備えているということが前提条件となります。

日本からアメリカに派遣された社員の方が力を発揮できるためには、様々な要因があると思います。比較的会社側としてしやすいのが、派遣するときの人選を慎重にすることだと思います。英会話がある程度こなせることも重要ですが、社員の方の適性や性格を客観的にみる必要があると思います。

もしくは、ある程度、どのようなアジャストメントが文化的に、また、仕事上に必要かなど、事前に知識として知っておくようなトーレーニングも役に立つと思います。

ひとつの例ですが、アメリカで働くとなると、不確定要素が多い中で、自分で判断して仕事を進めたり、文化や考え方も違う人間たちと一緒に仕事をする状況が予想されます。そういう状況に適応することが、重要になります。あらかじめ、こういった違いについて、認識していれば、社員の方も対応がしやすいかと存じます。

これまでのベストプラクティスがありますので、その中から貴社のニーズと状況にあったプランをいくつかご提案できると思います。
ご興味があれば、お問い合わせフォームに必要事項をご記入の上、ご提出ください。EZGlobal123では、初回の電話でのご相談(1時間)は無料で受け付けております。

マーケティングの機能には様々な役割が含まれます。売り上げ予想、マーケティングの予算管理、マーケティング計画の立案と実行、製品のP&L管理、コミュニケーション戦略(オンライン/オフライン)、宣伝物の制作、パッケージ開発、カテゴリー分析、顧客調査、チャネル戦略、競合分析、プライシングポリシーなどが主に考えられます。

企業ごとにマーケティングの担う役割に違いがあるでしょうから、個々に代行が必要な役割も異なると予想されます。ですので、どのような役割の代行が必要かを一緒にご検討させていただいた上で、見積もりをご提出させて頂くことになります。

まずは、お問い合わせフォームを通じて、ご連絡いただければと思います。

そのようなことはありません。最初の電話での相談(1時間)は無料ですし、EZGlobal123は最善の努力はいたしますが、すべての商品カテゴリー、また、貴社のすべてのご要望に応えられるわけではありません。

最初の無料の電話相談を通じまして、貴社のご要望をもとに私共がご協力させて頂くことでプラスになるかどうかという判断を致しております。

プラスになるのであれば、どのような形で貢献できるか、ご提案させて頂きます。仕事を発注して頂くかどうかは、それからになります。